(できた時にほめて)次からはやれるよね!

PRO

臨床発達心理士 岩立 京子

リクエスト内容

やっているはずの事が出来ていないと、がっかりしてつい注意してばかりです。それでも褒めるにはどうしたらよいですか?

15才女の子ママ

ANSWER

人は誰しも予定通りできないことがあります。この年齢では、自分でも予定どおりにできた方がいい、そのほうが気分が良いことはわかっています。でも、すぐにできないことで葛藤したりしています。わかってもできないでいる時に「なんでやらないの。できているはずでしょ」と言われると、余計にやる気を失ったり反発してきます。「あれは、もうやった?」と確認したり、「これからやってね」と促したり、それができないときは、「次からはやれるよね」と助言していきます。また、どうしてもできないときには、する時間が取れているか、他にできない原因はないかなどを考えて、できるような援助をしていきましょう。

このほめ方をシェア!

  • 2+

オススメほめ写

PRO岩立 京子/臨床発達心理士 東京学芸大学総合教育科学系 教授

東京学芸大学教育学部、大学院修士課程を経て、筑波大学大学院博士課程心理学研究科心理学専攻に進学。平成5年に博士(心理学)を取得。専門分野は幼児教育、発達心理学。最近の研究テーマは幼児教育における様々な評価。筑波大学大学院博士課程修了後、筑波大学心理学系技官を経て、東京学芸大学幼児教育科で30年にわたり、幼児教育の専門家養成に従事している。また、多くの幼稚園での助言者、文部科学省の調査研究協力者会議の委員などを歴任してきている。NHKのEテレ「すくすく子育て」、雑誌等において子育ての助言をしてきている。3月まで、附属幼稚園園長を兼任。

このほめ方をシェア!

  • 2+

さあ、色々なほめ方を
探してみよう!

子どもの成長段階に合わせて「ほめ方」も少しずつ変えてみては?それだけで見せてくれる笑顔や行動も変化していきます。ここでは年齢ごとに大きく5つのカテゴリに分けてみました。
※各カテゴリには、その年齢のお子さまを持つママ・パパの体験談に加え、参考になりそうなほかの年齢のママ・パパの体験談も掲載しています。

みんなで
『ほめ辞典』をつくろう!

『ほめ辞典』は、毎日子育てと向き合うママといっしょに、これからも充実させていきたいと思っています。こんなシチュエーションで、こんな風に伝えてみたら。みなさんのほめる体験談やエピソードをお寄せください。こんな時なら「何て言えばいい?」という質問やリクエストもお待ちしています。
※更新は不定期で随時行ってまいりますので、あらかじめご了承ください。いただいたエピソードやリクエストは、次回更新の際の参考にさせていただきます。
※全てのほめリクエスト、ほめ方投稿を掲載できる訳ではございません。予めご了承下さい。

【 監修 】

親野智可等(おやの ちから)/ 教育評論家
 
本名 杉山桂一。長年の教師経験をもとにメールマガジン「親力(おやりょく)で決まる子供の将来」を発行。具体的ですぐできるアイデアが多いと評判を呼び、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなど各メディアで絶賛される。子育て中の親たちの圧倒的な支持を得てメルマガ大賞の教育・研究部門で5年連続第1位に輝いた。ブログ「親力講座」も月間PV20万超。『「叱らない」しつけ』(PHP文庫)などベストセラー多数。現在、全国各地の小・中・高校、幼稚園・保育園のPTA、市町村の教育講演会で大人気となっている。

TOPページへ戻る