ホーム 「ほめ写」コラム Vol.11 「ほめ写プロジェクト」オンライン発表会を開催しました

Homesya project Vol.11 「ほめ写プロジェクト」
オンライン発表会を開催しました
2020/11/24

「ほめ写プロジェクト」は、新たな研究で明らかになった「ほめ写」と親子の自己肯定感の関係性について、2020年10月26日のオンライン発表会で発表しました。

今回の発表会は、新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため、YouTubeライブ配信形式で発表する運びとなりました。
前回の発表会では「ほめ写」が子どもにもたらす効果についての研究発表を行いましたが、今回の発表では調査対象に子どもだけでなく親も含め、親子のコミュニケーション量や子育てに対する効力感、親の自己肯定感の変化などについて、発達心理学者の岩立京子先生に監修いただき調査と研究を行い、「ほめ写」の新たな効果を発表いたしました。

発表会では、まず「ほめ写プロジェクト」の発起人である教育評論家の親野 智可等(おやの ちから)先生から、本プロジェクトの概要と経緯、前回の調査発表についてご説明いただきました。
また、コロナ禍での外出自粛期間中、子どもを叱る回数が増えた親が増加するというデータを紹介いただきました。本来はほめられて伸びる子どもの自己肯定感が、叱られすぎることで、下がってしまう可能性があることが懸念され「ほめ写」を通じて親子の会話のきっかけや子どもの自己肯定感を高める一助になればとのお話しをされました。

出典:ほけんROOM

次に、東京家政大学子ども学部子ども支援学科教授・岩立 京子先生から、今回新たに明らかになった研究結果についてご説明いただきました。
今回は、親自身の行動や態度と子どもの自己肯定感の関係性を明らかにするための実態調査と「ほめ写」を実際に行い、親子のコミュニケーションや親の意識にどのような変化が起こるかどうかを見るために「ほめ写」実証実験の2つを実施しました。
詳しい調査結果はこちらをご覧ください。

今回の研究を通じて、「ほめ写」は子どもの自己肯定感を向上させるだけでなく、親子の自己肯定感をお互いに高めあえることがわかりました。
岩立先生からは「新型コロナの問題が起きて先が見えない日々、あらゆる人が生き方を模索する状況にありますが、その中でも『ほめ写』を実践し家族の関係をより良くすることは、非常に意義あることだと思いました。どんな時代にあろうとも、家庭というのは、人の成長の原点を支える場であり、〝安全基地〟となるのです」とコメントをいただきました。

さらに、発表会ではゲストとして、実際にご家庭で日々「ほめ写」を実践いただいている小澤さん、小野寺さんにもご出演いただき、トークセッションを行いました。

実際に「ほめ写」によってご家庭に良い影響をもたらした実例を見せていただき、お二人自身の気持ちも前向きになったというお話を伺い、親野先生・岩立先生も「ほめ写」の効果を再認識されていらっしゃいました。
オンライン発表会は、以下の動画からアーカイブ視聴可能です。ぜひご覧ください。

参考になったらシェアしてください!

関連記事